色無地の着物でお出かけをしましょう

黒以外の一色で染められた柄の付いていない着物を色無地と言います。若い人なら卒業式の袴に合わせて着たことがあるでしょう。紋の数で格が変わります。5つ紋は非常に改まった礼服、3つ紋は準礼服、1つ紋は略式です。紋がない色無地なら街着としてショッピングや観劇、お茶やお花のお稽古に向いています。紋が付いているものなら、お茶席や入学式や卒業式の付き添い、祝賀会やパーティなどにも着用できます。訪問着や付け下げと比べて、控えめな品があるので、七五三やお宮参りなど子供が主役で、その付き添いの親が着るのにふさわしいです。合わせる帯によって雰囲気を変えることが出来るので一枚持っていると便利な着物です。色は好みで選んでよいです。年代や目的に合わせて選びます。お祝いごとの場合は年齢に問わず、明るく華やかな色のものを選びます。凶事用には暗く沈んだ色を選びます。

一着あると重宝する色無地の着物です

着物が静かなブームになっているように思われます。特に若い女性たちの間では、着物の古着などを上手く利用していらっしゃるようにお見受けします。街には着物のリサイクルのお店も増えており、洋服を購入する感覚で店内に入っていかれているようです。着物にはいろいろな種類のものがあります。振袖や、留めそで、付け下げや小紋などなど、中でも、色無地といった着物は、字のごとく他の着物と違って模様がないので、使い方によっては一番重宝できるように感じます。柄がない分逆にインパクトがあり、色使いを楽しんだ着こなしが出来るのではないかと考えます。明るい色であれば、お祝い事の席や、お茶会や、卒業式、街着としても、気軽に楽しめそうです。紋を付けて貰えば、格式も上がり、正式な席にも出席出来るようです。そして、着物には欠かせない帯や、帯締め、帯揚げ等で変化を演出する事も可能な一品の色無地です。上品な物を一着持っていると、何かと重宝すると思われます。

使いがっての良い色無地を一枚持っていると便利

着物を着て出かけるのもいいものですね。特に色無地の着物を一枚持っていると、いろんな場面で着る事ができるので大変便利です。色無地とは地織はありますが、柄の入っていない黒一色に染められた着物を言います。お宮参りやお茶席、ちょっとしたお出かけや卒業式の袴の下に着たり、色を抑えたものなら法事や、通夜、お葬式にも着ていく事ができます。紋をつければ正式なお茶会や祝賀会などに着ていく事もでき、紋をつけなければ街感覚で着る事もできます。帯も紋付きでなければカジュアルな半幅帯、名古屋帯などが合います。もう少しおしゃれにしたい場合には袋帯で重くない柄を選ぶと良いかもしれません。紋付きの場合はもう少し格調高い金銀の入った名古屋帯、または吉祥模様の袋帯を合わせます。お茶会などでは古典柄の帯が好まれるようです。自分でその場面に合ったコーディネートを考えるのも面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*