一着購入を考えているのなら色無地がオススメの理由

色無地とは、言葉通り色だけで、柄がない無地の状態の着物の事です。ちなみに色は、黒以外の色であれば、全て該当します。着物は振袖を筆頭に、豪華な刺繍のデザインがあるものが一般的です。ですが、着物にも洋服ほどではありませんが、デザインの流行がありますし、また若い頃とは好みも変わってきます。色無地の着物の場合は、帯を変えるだけで雰囲気が変わり、何歳になっても素敵に着こなす事ができます。また、日常的にオシャレ着として着る事も、結婚式に礼装として着る事も、お葬式に準喪服として着る事も可能でいろんなシーンで活用できる着物だと言えるでしょう。それにこれだけ、コーディネイトが楽しめる着物は他にはありません。絵柄がないため、帯や半襟を変えるだけで、大きくイメージを変える事ができます。着物は高価なものですから、たくさん購入する事は出来ません。一着だけ購入するなら着回しのきく色無地の着物がオススメです。

色無地の装いのルールを知っておこう

紋の数によって格と着用シーンが変わるのが色無地です。色無地の装いのルールはしっかり知っておかなくてはいけません。まず、帯は袋帯やしゃれ帯を合わせるのが基本です。しかし、無紋の場合は、名古屋帯でも構いません。帯揚げや帯締めなどの細かいものにも気を配る必要がありますが、これらは装う目的によって格を合わせるようにしましょう。長襦袢は礼装用の白がベストですが、準礼装や略礼装用の淡色のものでもいいとされています。また、バッグを持つ場合は、バッグにも気を使わなくてはいけません。着物の色や柄とのコーディネートだけを考えていてはだめです。場面にも合わせる必要があります。華やかな場面ではパーティーバッグでもいいでしょう。場面によっては、布製のシックなバッグが良いと言うこともあります。着物を着るなら、抜かりの無いようにしましょう。

色無地の色々な装い方を知っておく

吉祥文様を組み合わせた地紋の色無地には、重厚感のある豪華な唐織の袋帯を合わせるようにしましょう。そうすれば、ドレス感覚のモダンな装いになります。色無地は色々な場面で活躍する便利さもありますが、さびしくなりがちと言うことを忘れてはいけません。豪華な帯で華やかさを出すようにしましょう。また、季節感のない地紋であれば、色無地はあらゆるお茶会に着ていくことができます。お茶会に行くときは、少し上品さをだすようにしましょう。豪華な帯よりも上品な淡色の袋帯を合わせることです。品の良さが際立つでしょう。ちなみに、礼装なら伊達衿を重ねて華やかにするのもOKです。そして、帯留めは着ていく場面に合わせてチョイスしましょう。また、着物には扇子がよく合いますが、祝儀扇でもいいですし、朱うや象牙の骨のものを選んでもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*