色無地の着物は一着持っておくと便利です

着物には、黒一色に染められた着物があります。地織りはありますが、柄のない種類の着物です。これを色無地の着物と呼んで、一着あると便利な着物の種類です。卒業式やお宮参り、種類によっては弔事にも活用が可能です。ですから多用な目的に着れる着物で、重宝する一着です。比較的に地味な色合いの色無地着物ですので、年齢の高い人に好まれます。それでも飽きの来ない上品な雰囲気の出る着物は、街着感覚で着れる種類です。お花やお茶を嗜む人には、頻繁に活用範囲が広がります。しかしお茶会の席では、紋を付けるのが一般的です。色無地には、紋が付いてない特徴があります。それでも活用範囲が多い為に帯を豪華にする事で、格式高い着物に変身が出来ます。帯の色合いに合わせて、多用な場面で着られる着物の種類でもあります。それは、織り方の特徴のある名古屋帯や袋帯が似合います。

色無地は清潔感を産み出す武器になる

柄の物の服、派手な家、決してダメなわけではありません。しかし、極論ですがチェック柄と白無地、どちらが清潔感を感じることができるでしょうか。例えばお手洗いの便器にしても洗面台も、スーツに合わせるシャツも、色無地を指定している会社もあります。その理由は清潔感にあります。清潔感はさらに爽やか、優しさを感じさせます。ファッション的にシンプルなだけでなく、人間の精神面にも一躍かっています。人にもよりますが、柄の入った壁の部屋、色無地の壁の部屋どちらが落ち着くでしょうか。と、いうように色無地は清潔感、安堵感などを際立てさせる武器になります。昔から無地は根強い人気というより、むしろ常識という立ち位置で、どの分野にも精通しています。住宅もまた、無地、あってもツートンが限度です。あまり派手な家は見かけません。あっても外側からでも少し圧力を感じます。

色無地は上品で人気のある和服です

色無地とは、柄が一切入っていない無地の和服のことをいい、若い女性を中心にして、最近非常に人気が高まってきています。実際に、色無地を持っているといろいろなメリットを享受することができます。まず、喪服として使用することができるという点が挙げられます。黒の帯をすることによって、略式の喪服となるからです。次に、茶道や茶事でも使用することができますし、訪問着としても十分通用します。シンプルで飽きの来ないデザインですので、帯の柄や色もいろいろと組み合わせやすく、便利です。もちろん普段着として使用することも可能ですから、幅広い用途が認められるといえます。このように、色無地は、和服の中でもとりわけ汎用性が非常に高く、便利な製品です。和服をお持ちでない方にはまず最初に購入する製品として、最もおすすめすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*