色無地の着物、和服は気品があります

色無地の着物や和服は、気品があります。余計なデザインがなく、誰でも似合うという利点があります。余計なデザインがないことにより、古く見えない利点もあります。デザインは、物によっては古く感じてしまう物です。しかし、色無地ならば古く感じることがありません。着物や和服は決して安い買い物ではありません。一生物として、購入するのならば、デザインがない色無地で購入することをお勧めします。着物や和服は、大切な場で着用する物です。日本の伝統衣装であり、海外の方からも非常に人気があります。わざわざ日本へ旅行へ来て、購入し、母国へ持ち帰る方も多くいらっしゃいます。世界中で愛されている、この日本の伝統衣装を、我々日本人は大切に守り抜かなければなりません。家庭でも代々受け継がれている、着物や和服がある家庭もあります。

結婚式に色無地で出席するときの注意点

季節を選ぶことなくいろいろなシーンに対応する色無地は1枚あると重宝する着物です。紋の数によってその格が変わり、五つ紋は留袖に次ぐ最上格の着物になります。一つ紋や三つ紋は準礼装としての役割を果たし、三つの紋があると訪問着と同等かそれ以上の格とみなされます。紋がなければ小紋などと同様におしゃれ着として重宝します。友人や同僚の立場として結婚式に主席する場合には一つ紋で十分ですが、親族の立場で出席するのなら三つ紋か五つ紋に越したことはありません。着物の色はなるべく明るいものが適しています。手持ちに明るい色調のものがない時には帯や小物を明るくしておめでたい雰囲気を演出しましょう。金糸や銀糸のあしらわれた袋帯を二重太鼓に結ぶのが基本です。色無地を着た時の胸元は、座った時に地味になりがちなので半衿や伊達衿で華やかさを見せるのも良い方法です。

色無地をおしゃれに着るポイント

おしゃれに着こなすポイントをお教えします。色無地は、黒以外の色で一色に染めています。あえて柄が入っていないのが特徴です。また、色無地の場合、紋なしよりも、紋が入っている方が格が上になります。注意しておきたいのは、若い方が着る色で地味になったり不自然になる場合があります。そこで、カジュアルにも品よく着たい時のポイントを知っておきましょう。紋が無い着物の場合、カジュアルの着用をする事が出来ます。帯を半幅帯や名古屋帯にする事です。また少し、お出かけ用にしたい場合には、箔の入ったもので軽い袋帯を選ぶとカジュアルでも、お出かけ着になります。それから、色無地で品よく着たい方は、古典的な格の高い名古屋帯や、袋帯を選ぶ事で品よく着る事が出来ます。金糸銀糸が入っているものを選ぶと上品な仕上がりになります。また、紋付にする事でさらに正装に近い着方が出来ます。

着物レンタル365の対象エリアについては、結婚式場や着付けの美容室も含め、日本全国どこへでも対応しております。 着物レンタル365の他者との違いについては、800点もの豊富な種類のご用意があること、また下見をしていただけるサービスがあることです。 上質な着物を豊富に取り扱っており、必要な時に希望に合ったタイプの着物をレンタルしていただくことができます。 色無地・男着物なら着物レンタル365

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)